旅人dの旅日記

フリーターの旅行記 写真はα6000とiPhoneSEにて撮影しています。

中国旅行⑤中国を旅行してみて トイレ、反日、中国人などについて

今回上海から夜行列車とバスで張家界、鳳凰古城と旅行してみて感じたことを書いて終わりたいと思います。

f:id:datti38383:20180912152033j:image

上海の龍華寺。後ろでは高層マンションの建設がガンガン進む

 

中国の地方都市を列車から眺めていて感じたのはどこも高層マンションを建設しまくっているのが印象的でした。

ネットで調べてみると中国では現在田舎から都会へ人の移住を促しているようです。

 

中国のトイレについて

f:id:datti38383:20180912210913j:image

鳳凰古城にある公衆トイレ

 

中国のトイレは昔からニーハオトイレ(壁がないプライバシーのかけらもないトイレ)だの汚いだのと言われていましたが今回の旅行では特に感じませんでした。観光地のトイレはどこも普通で、日本と違う点は紙がないこと、和式の方が多いこと、紙は流さずゴミ箱入れる..くらいです。上海の綺麗なユニクロですら紙が切れてたのかなかったのは驚きましたが、とりあえず紙さえあれば問題ありません。

 

反日に関して
f:id:datti38383:20180912210916j:image

鳳凰古城でみかけた「不接待日本人」の貼り紙。

 

中国にいく前に誰もが不安に思うのが「日本人への負の感情」だと思います。

実際街中でも何気ない政府の看板に日中戦争の様子と抗日運動を盛り上げようとするような感じのことが書かれてあったり、やる気のない店員がさらに塩対応してくるといった感じも受けました。

しかし多くの人、特に街中にいる人は普通ですし、上の写真のような「日本人不接待」の店も殆どありません。

つまり気にすることはない  ということです。

 

中国人について

 

順番抜かしをするおばさん、カーッペッっとしまくるおっちゃん達、うるさい人々。

この国に10日もいると小さな事では動じなくなりますw

また、言葉が通じなくても紙に漢字を書けば伝わるものです。スマホだと相手が入力できないのでやはり紙とペンを携帯しましょう。中国の内陸では英語は一切通じません。yes noすら通じないレベルです。しかし漢字を書けば伝わることが多いですし、書いて貰えばこちらもわかることが多いです。

 

f:id:datti38383:20180912212959j:image

中国のカップメンには大抵フォークが中に入っています

 

f:id:datti38383:20180912213108j:image

駅の中の無料充電器

 

あとネットでよく言われていますが本当にキャッシュレス社会になっていました。みな基本スマホで支払いをします。

f:id:datti38383:20180912213318j:image

市場の様子

 

荷車を引いてる行商人でもQRコードを使って取引をしていました。

 

とまあこんな感じで中国は楽しかったです。次回は11月にタイを予定してます

ではまた。